スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮の浜と久しぶりの夕日。

いつも見に来ていただいてありがとうございます!butaにこにこ



台風で雨が沢山降りました。湿度が高く気温も高い状態でしたから奥村グラウンドからは
こんなものが生えていました。
            ↓
オオシロカラカサタケ2
↑緑の芝生から白いキノコ・・・。











オオシロカラカサタケ1
↑傘の直径7~8センチほど、オオシロカラカサタケでしょうか?
可愛らしいですが有毒のようです。











南風が吹いて今日も蒸し暑いです。宮の浜に泳ぎに行きました。
           ↓
宮沖ブイ
↑岸近くは濁ってますが沖のブイ付近の透明度は回復してきました。











スジクロハギ0910
↑スジクロハギの群や・・・、











ネムリブカ0910
↑ネムリブカ











ヒメジ0910
↑アカヒメジの群も見られました。
※生きてるときは黄色ですが死ぬと赤っぽい色になるところからアカヒメジなんだそうです。











腕時計0910
↑岸近くの水温は30度ありましたが沖のブイ付近は27度切ってました。
台風が水をかき混ぜたせいですかね?











夕方はマルとバイク散歩しました。
        ↓
マル夕日0910
↑境浦の見晴らし台からマルが見ているのは・・・、










久しぶりの夕日です。少し空が焼けました。
        ↓
夕日0910
↑ここ数日は台風の影響で天気が悪かったですし、8月は夕日を見に行ってる余裕も無く、
この前夕日を見たのがいつだったか覚えてません(汗)
ちなみに今日の日没は17時42分でした~。




日中は真夏ですが朝夕は過ごしやすくなってきました。
夏から秋に変り行く今日この頃です。





コメントお待ちしております!
離島情報ブログランキング参加中です。

10日20時50分現在950ポイントで1位です!

ポチッとしていただいてありがとうございます!
これからも頑張りますので応援よろしくお願いいたします~☆
     ↓

にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ


スポンサーサイト

サンゴの白化

いつも見に来ていただいてありがとうございます!butaにこにこ



今日もツアーの予定でしたが台風11号の影響により波風が強くなるという予報でしたので
中止とさせていただきました。実際は台風は東寄りのコースを通ったので沖も凪いでいたようです。


ツアーが無くなり時間ができましたので泳ぎに行くことにしました。
              ↓
俯瞰0829
↑生簀と桟橋に挟まれた辺り、水面の色が白くなっています。
湾内のこの箇所にはスギノキミドリイシの大群落があります。










赤灯台のある防波堤の根本からエントリーしました。
           ↓
青いミドリイシ
↑青いスギノキミドリイシ?もあります。











キイロハギ0829
↑青いスギノキミドリイシにキイロハギの黄色が目立ちます。











サンゴが奇麗と思われるかもしれませんが、高水温のため共生している藻類が死んで
サンゴ自体も白くなってしまう白化という現象がおきています。
              ↓
白化08292
↑白化はサンゴの死です。











Iさん08291
↑水深数十センチの浅場からサンゴはあります。











Iさん08292
↑見ているだけなら白化は確かに奇麗なんですが、サンゴが大打撃を受けます。











腕時計0829
↑腕時計の水温計では30.0度でした。これほど海が暖かい状態が続くと白化は
まだまだ治まらないでしょう。




湾内だけでなくあちらこちらでサンゴの白化はおこっています。
原因は高水温が続くためでしょう。水がかき混ぜられない湾内は特に白化が目立ちます。
台風は来て欲しくないですがサンゴも死なずにすむよう祈ってます。





コメントお待ちしております!
離島情報ブログランキング参加中です。

29日17時40分現在940ポイントで1位です!

ポチッとしていただいてありがとうございます!
これからも頑張りますので応援よろしくお願いいたします~☆
     ↓

にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ

夕暮れスキンダイビング

いつも見に来ていただいてありがとうございます!太平洋高気圧の勢力が強く島は晴天続きです。butaにこにこ



今日も日中は思いっきり暑かったです。日向で長時間作業を続けると熱中症になる危険性が大です。
水分と休憩を取りながら船の備品(タコカギ、ボートフックなど)を作る作業をしていました。



仕事が片付き、夕方になってから宮の浜に泳ぎに行きました。
兄島瀬戸に面した宮の浜は水温が低いことがあるのでウェット着用でエントリーしました。
              ↓
宮の浜07141
↑日が大分傾き始めてました。











でも上げ潮のせいか魚達は活性が高くて色んな種類が見られました。
               ↓
スジクロハギ0714
↑ニザダイの仲間、スジクロハギの大群です。











アオウミガメ0714
↑アオウミガメのメスです。今晩浜に産卵に上がるかもしれません。











シマハギ0714
↑シマハギもかなりの数が群れていました。











クサビラ触手
↑潮が流れているからか、夜が近いせいかクサビライシというサンゴの仲間が
触手を伸ばしていました。











腕時計30.8
↑ウェットを着て泳ぎましたが17時30分で水温30度以上とは・・・、
ぬるいお風呂に入ってるみたいでした(笑)











宮の浜水面0714
↑水から上がる直前、浜の西の山に日が沈んで行きました。















宮の浜夕景0714
↑静かな夕暮れ時の宮の浜でした。






宮の浜は街から近いですが魚が多いです。父島のスノーケリングポイントとしてお勧めです!
観光で来られる方で時間に余裕がある方は是非行ってみて下さいね~♪






コメントお待ちしております!
離島情報ブログランキング参加中です。

14日21時25分現在1160ポイントで1位です!!
ポチッとしていただいてありがとうございます!
これからも頑張りますので応援よろしくお願いいたします~☆
     ↓

にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ




船体補修&製氷素潜り

いつも見に来ていただいてありがとうございます!内地も暑そうですね~。butaにこにこ



今日はアウトリガーと船体を結ぶウデのところに小さな割れを見つけましたので補修しました。
               ↓
ウデ修理中1
↑ウデの周りにはFRPやウレタン塗料が付かないように養生してあります。











ガラス繊維
↑ガラス繊維とポリエステル樹脂です。











ウデ修理中2
↑ウデ木にFRPを張ったところです。
硬化したらサンドペーパーで削って平にして行きます。










修理済
↑ウレタン塗料を塗って完成です。











日中は船の整備をして、夕方は製氷海岸に泳ぎに行きました。
                ↓
チコ1
↑製氷にはマルのボーイフレンド『チコ』が遊びに来ていました。
のぶ太を見つけてうれしそうに寄って来ました。
(マルはうちでお昼寝中でしたので連れてきていません。)











チコ2
↑チコに見送られながら沖の方、水の中へと入って行きました・・・。











水はとても温かでした。
       ↓
腕時計29.9
↑水面の水温は29.9度でした。










では今日の製氷で見られた魚達をご紹介して行きます。
              ↓
ウツボ0713
↑ウツボの仲間がサンゴの間におりました。











ユウゼンウミズキ
↑ユウゼン、ウミズキチョウチョウウオ、ミスジチョウチョウウオなどが集まっていました。
ゴージャスで可愛らしいです。











ロクセンサンゴ
↑エダサンゴとロクセンスズメダイ、定番の組み合わせですね。











16時過ぎでも陽射しは強く暑かったです。
           ↓
製氷16時
↑家族連れで賑わう製氷海岸でした。




海洋センターの隣、製氷海岸は湾内に広がるエダサンゴを見るのにいいところです。
ガイドブックには載ってなかったりもしますが是非泳ぎに行ってみて下さい。
お勧めのスノーケリングスポットです。








コメントお待ちしております!
離島情報ブログランキング参加中です。

13日25時10分現在980ポイントで1位です!!
ポチッとしていただいてありがとうございます!
これからも頑張りますので応援よろしくお願いいたします~☆
     ↓

にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ




















十文字洞窟スイム

いつも見に来ていただいてありがとうございます!butaにこにこ



今日は午前中は自治会のお手伝いと事務仕事をして、午後から宮の浜に泳ぎに行きました。
              ↓
ボード0630
↑本日は少し遠くまで行くのでウェットスーツ着用。そしてボディボードを使って水面移動する
ことにしました。普通に泳ぐよりずっとスピードが出ますし、上半身は水の上なので暖かいです。
またボードならカヤックと違い、車への積込みや後片付けが楽なのです。
そして薄暗いトンネルの中を泳ぐので防水の懐中電灯も準備しました。











宮の浜からボードに摑まって泳ぎだしました。入り江を出て右側(東側)に進んで行きます。
              ↓
崖の上の壕
↑宮の浜と釣浜間の遊歩道の近く、海から崖を見上げると戦時中の壕が見えます。











さらに行くとポッカリ穴の空いた岬があります。
          ↓
岩穴0630
↑岬の外側(瀬戸に面した側)を通るより近道になりますので穴をくぐって行きました。











目指すポイントが見えてきました。
          ↓
十文字指
↑指の先、岬の穴のあいたところ『十文字』と呼ばれるトンネル(海蝕洞)です。










『十文字』の入口です。
      ↓
十文字入口0630
↑ここまで宮の浜からの所要時間15分くらいでした。普通に泳ぐよりかなり早く来れました。
ウェットとボードのおかげで快適でした。











十文字入口外から中
↑水深は深いところでも-2mほど。長さ15mほどのトンネルです。
左右に付いているオレンジ色のかたまりは『イボヤギ』というサンゴの仲間です。










イボヤギ06301
↑触手を伸ばしてプランクトンを捕まえて食べます。










トンネルに入ってすぐのところで水面から顔を上げてみました。
             ↓
トンネル水上1
↑光の差し込むところが奇麗ですね。











トンネル内の水の中には暗いところを好む生き物達がいます。
            ↓
海ウチワ2
↑ウミウチワです。植物のように見えますがサンゴやイソギンチャクの仲間です。










入口から少し入ると真っ暗ですから懐中電灯を点けて進んで行きます。
               ↓
タテキンアカマツカサ
↑タテジマキンチャクダイとアカマツカサです。











ハタンポ0630
↑ハタンポの仲間です。











イボヤギ06302
↑トンネル中央部の暗いところではイボヤギも満開になっていました。










トンネルを東に抜け、再度西へ折り返しました。
           ↓
トンネル入口中から外











水面小魚
↑出口近くの水面には小魚が群れていました。
短いトンネルですが他にもミノカサゴやエビの仲間もいました。楽しい洞窟スイムでした!




宮の浜から十文字にかけては海中公園地区にも指定されていて、トンネル付近の海中も
サンゴが美しいところです。兄島瀬戸に面していますので水温が低めなのが難点ですが
ウェットを着込めば長距離長時間でも安心です。
ご要望があればご案内いたします。リクエストお待ちしております!




コメントお待ちしております!
離島情報ブログランキング参加中です。

30日22時55分現在1000ポイントで1位です!!
ポチッとしていただいてありがとうございます!
これからも頑張りますので応援よろしくお願いいたします~☆
     ↓

にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ
























水温む頃

いつも見に来ていただきましてありがとうございます!butaにこにこ



GW前のおが丸出港中なだけあって島は静かな毎日です。
午前中、船のメンテ仕事と船底掃除をして午後は宮の浜に泳ぎに行きました。
               ↓
宮の浜0414
↑南寄りの風が吹いていましたので宮の浜はとても静かでした。
(この写真は午前中に撮ったものです。)











船の置場も宮の浜の岸近くも水温22度以上ありました。水温は上昇傾向に入ったとみて
良さそうです。泳ぎ始めたのが午後3時近かったので水の中はそれほど明るくはなかったですが
色々なものが見られました。
               ↓
ウミウシ0414
↑泳ぎ始めてすぐ、水深1mのところにいたウミウシの仲間です。
ウミウシ図鑑ドットコムで名前を調べようとしましたが挫折しました。ウミウシ系は弱いっす・・・。











スズメダイ0414
↑水深3mほどの砂地とサンゴの境目付近ではキホシスズメダイが群れていました。











宮の浜に泳ぎに行くとよく行くポイントがあります。中通島の前にあって地形がアゴのようになっている場所です。水深5mほどですが奥にカメやサメが寝ていることがあるのです。
                ↓
ミノカサゴ04142
↑今日はサメもカメもいませんでしたがミノカサゴがいました。
これは鰭の形からネッタイミノカサゴだと思われます。











ミノカサゴ黒
↑この辺りでは黒いミノカサゴもよく見ます。顔の横の縞模様と尾鰭の線からハナミノカサゴ
だと思われますがどうですかね?











ノコギリダイ0414
↑島では定番のノコギリダイも多く見られました。











さてブログの脇に一眼レフをご紹介していますが水中や船上で主に使っているのは
コンパクトなものです。
               ↓
デジカメ0414
↑フジのファインピクスF50と防水ケースです。
フジは画像の色あいが奇麗なので気に入ってます。操作もシンプルで使いやすいのでお勧めなの
ですがF50はもう生産されてないかもしれません。
逆にオークションなどで安く買えるとお得です。











ここのところ夜曇っていることが多いので月が見えづらいのですが
昨晩23時頃山から上がってくる様子が見られました。
                 ↓
旭山と月
↑旭山の上に月齢18日の月が昇ってきました。
山頂手前の休憩所の傘がシルエットで浮かび上がっています。












旭山と月2
↑我が家の2階から月の写真を撮っていました。
手前に見えているのは高校の校舎です。





南風が吹くごとに水が温かくなってゆき、夜風も心地良い季節になってまいりました。
先日は夜の風の中にヤコウボクの香りもしておりました。
季節がゆっくり動いていくのが感じられる今日この頃です。







コメントお待ちしております!
離島情報ブログランキング参加中です。

14日22時30分現在1位です!!
今日は880ポイントでした。
とっても嬉しいです!♪
これからも頑張りますので応援よろしくお願いいたします~☆
     ↓

にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ





製氷スキンダイビング

いつも見に来ていただいてありがとうございます!butaにこにこ


今日はゲストを誘って製氷海岸にスキンダイビングに行って来ました。
               ↓
メグナオ水中
↑ここ数日付き合っていただいている松本恵さんとナオちゃんと泳いできました。








製氷海岸と言えばエダサンゴの群落があることで有名です。
              ↓
エダサンゴメグ
↑さすがメグさんイルカのように泳いでいました。








さらに少し沖の方へ行くと色々な生き物がいます。
             ↓
イボヤギ
↑生簀を固定するロープにイボヤギが付いていました。植物のようですがサンゴの仲間です。
(生簀の傍は漁協の船が通ります。作業の邪魔にならないよう気をつけて泳ぎましょう。
また生簀に近づき過ぎないようご注意下さい。)







カメ1223
↑アオウミガメもおりました。体長80センチほどのまだ子供のカメです。
冬に見られるウミガメということで小笠原ではウエントル(ウインタータートルの略)と呼ばれます。








イシガキフグ
↑大きなイシガキフグもいました。あまり逃げようとしなかったので写真も撮りやすいです。







海月
↑ウミヅキチョウチョウウオが群れているところもありました。







そして海から上がる直前、浅い砂地で見つけました。
             ↓
サツマカサゴ1
↑サツマカサゴでしょうか?製氷にもいるんですね。エントリー&エキジットのとき気を付けたほうがいいですね。






サツマカサゴ2
↑近づいても全然逃げる気配がありませんでした。正面顔もじっくり撮れて楽しかったです☆


水温23度、最高気温も同じくらい。雨はポツポツとずっと降っていましたが
泳いでいれば関係ないですね(笑)。
今日も楽しいスキンダイビングでした☆



コメントお待ちしております!
離島情報ブログランキング参加中です。
現在2位です!
応援よろしくお願いいたします~☆
     ↓

にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ

※年末年始ツアー若干空きあります。

また12月31日おが丸入出港日は午前&午後、島内周遊を行います!
帰られる方にとっては忙しい帰る前の数時間、また来られた方にとっては初めての島、
ゆっくり過ごしてみませんか?
島をぐるりと一周植物と歴史を中心にご案内いたします。
『いしかり』『きそ』の最終通船にも間に合うように戻って来ますよ!

ウェザーステーションからはクジラも探してみましょう☆
詳しくはホームページをご覧下さい。
お申し込みお待ちいたしております♪




フリーダイバーin小笠原

いつも見に来ていただいてありがとうございます!butaにこにこ


昨日からずっと雨が降っています。洗濯物が乾きません・・・。
なんてことばかり言っていても仕方ないですから、今日はゲストとスキンダイビングツアーです。
それもいつもとはちょっと違うスペシャルなポイントにお連れしました。
          ↓
ゲスト3名





メグノブ焼場
↑今日のゲストの一人ははモリも持参されています。やる気十分です!
(注:小笠原では素潜りで魚を手モリで突くことは違法ではありません。)







昨日からの雨のせいで透明度は今一つでしたが島の西側は思ったより静かでした。
水温も高めだったせいか長時間水に浸かっていても寒くなかったです。
今日のポイントは焼場海岸でしたが近くにイルカがいたようでイルカの鳴き声を聞きながらの
贅沢なスキンダイビングとなりました。
そしてゲスト達が素敵なモノを見つけてくれました~☆
            ↓
メグモリ
モリを持って潜っていったその先にいたモノは・・・。








メグタコ水中
↑なんと大きな大きなタコでした~!









メグタコ水面
↑タコの足の付け根、頭の下のところに丸い紋様があるのが分かるでしょうか?
サンゴ礁域でよく見られる『ワモンダコ』です。







メグナオノブタコ
↑とても大きなタコで持ってみると凄く重かったです。
タコの足の先が地面に届くほど長いです。







またこんな貝も採ってきました。
          ↓
アナマモリ1217
↑トコブシなどの仲間で島では『アナマモリ』(穴守り)と呼ばれます。
磯の穴の中にへばりついているのを磯ガネなどの道具を使って採ります。
時計と比較すると大きさがお分かりいただけると思いますが2センチほどの小さな貝です。
(注:貝によっては漁業者以外採ってはいけないものもあります。また採捕の制限があるものも
ありますので採る前にご確認されるようお勧めします。ちなみに今朝支庁水産係りに確認しましたがアナマモリの採捕は問題ありません。)







そしてゲストのご希望に沿い海岸のレストハウスでお食事タイムとなりました~!
            ↓
アナマモリメグ
↑ゲストに自ら調理もしていただいてます。アナマモリを日本酒と醤油で酒蒸しにしました☆
美味です!

すでにお気づきの方もいらっしゃるでしょうが今日のゲストのお一人はフリーダイビングの
女子日本代表の松本恵さんです。秋に行われたフリーダイビングワールドカップ(エジプト)にも
出場されました。ちなみに日本女子チームは銅メダルに輝きました~☆☆

現役のトップフリーダイバーでもあり、のぶ太の尊敬する人でもあり、
いつかお会いしたいと思っておりました。実際に会って話した印象はとても気さくで可愛らしい方で、
ますますファンになりました♪









楽しくて忘れるところでしたが汽笛で思い出しました。
            ↓
おが丸1217
↑本日はおが丸出港日、扇浦からお見送りさせていただきました。








ワモンダコも調理しますよ~!
先ず一品目。
          ↓
タコ刺し椀
↑タコ刺しです。皮を剥いたタコ足を薄く削ぎ切りにします。







タコアナマモ椀
↑生姜醤油で頂きます。美味でございます!







そして定番ですが、塩もみしたタコの足を熱湯で茹でます。
        ↓
茹でタコ鍋
↑足先がクルクルッと巻いていきます。








茹でタコ
↑奇麗な色に茹で上がりました~。ワサビ醤油でいただきました。美味っす!








まだ食べれるということで足4本目の調理です。今度はオリーブオイルで玉ねぎと一緒に
炒めました。味付けは塩コショウのみでしたがやっぱり美味でした~♪
            ↓
タコ炒め
↑ツアーご参加いただいた皆様ありがとうございました!



雨でハプニングもありましたが楽しいツアーでした。
料理はお客様が採ったものをお客様に調理していただいてます。
採れなかったときは召し上がっていただけませんので
あまり期待しないで下さいね(笑)
   



コメントお待ちしております!
離島情報ブログランキング参加中です。
応援よろしくお願いいたします~☆
     ↓

にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ

※年末年始ツアー空きあります。

また12月31日おが丸入出港日は午前&午後、島内周遊を行います!
帰られる方にとっては忙しい帰る前の数時間、また来られた方にとっては初めての島、
ゆっくり過ごしてみませんか?
島をぐるりと一周植物と歴史を中心にご案内いたします。
ウェザーステーションからはクジラを探してみましょう☆
詳しくはホームページをご覧下さい。
お申し込みお待ちいたしております♪

       

宮の浜スイム

毎度アクセスありがとうございます!butaにこにこ


最近泳いでなかったので今日は久しぶりにスキンダイビングしました。
         ↓
宮の浜1122
↑風は北東でしたが魚の多さで宮の浜をチョイス。






ロクセン&チョウチョウウオ
↑水温24.8度、岸近くは少し濁ってましたが沖は透明度良好!
いつものロクセンスズメダイやチョウチョウウオの仲間も沢山見れました☆






そして久しぶりに中通島のクマノミを探してみると・・・。
          ↓
クマノミ11221
↑発見しました~♪
小笠原のクマノミは大きくなると黒と白になります。地味っすね。






クマノミ11222
↑ちなみに子供の頃は黄色と白です。







クロハギ1122
↑クロハギの群れもいました。水温が下がり始めると大きな群れになるようです。







ノコギリダイ1122
↑水中写真を撮りやすい魚っていうのがいますね。例えばヒメジの仲間、ロクセンスズメダイ、
このノコギリダイも近寄りやすいので撮りやすいです☆







また今日は共勝丸が入港していました。
         ↓
共勝丸1122






共勝丸はおが丸がいないドック中に荷物を運んで来てくれます。
我が家にも内地の友人から食べ物が届きました。
           ↓
援助物資
↑のぶ太の好きなコーヒーやお菓子♪
Sさんいつもありがとう~☆



本日の最高気温は23度、5ミリのウェットスーツを着てましたが
水の中のほうが暖かく感じるほどでした。快適なスキンダイビングが出来ました~☆

コメントお待ちしております!
離島情報ブログランキング参加中。
応援のポチッと一つよろしくお願いいたします☆
(バナーをクリックしてね♪)
    ↓

にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ

久しぶりの製氷スイム☆

いつもご覧頂きましてありがとうございます!butaにこにこ




今日は午前中に雑用を片付け、昨日から泳ぎたかった製氷海岸にスキンダイビングに
行きました☆
          ↓
製氷10221
↑北東の風が昨日より強く吹いていますが風裏になる製氷海岸は波静かです。






白化1
↑製氷海岸の枝サンゴ『スギノキミドリイシ』が夏場の高水温のせいで白化しています。
これまでもここ数年は毎年見られていますが今年は規模(範囲)が大きめの
ような気がします。





クラゲ1022
↑クラゲが水面際を泳いでいます。






クラゲ10222
↑クラゲは刺すというイメージを持ってる方が多いですがこの『ミズクラゲ』は刺しません。
触っても大丈夫です。
クラゲが弱ってしまうので良い子は触らないほうがいいですよ~。





ロクセン1022
↑ロクセンスズメダイが群れています。
水深-3mほどのところです♪







今日は昨日ほど透明度が良くないようです。
ワイドの写真には厳しいのでバブルリングの練習をしました~☆
             ↓
バブルリング1022
↑実はのぶ太はバブルリングが苦手でした。
奇麗なリングができるようになったのは最近のことです。
ずっと自分には無理!と思っていましたが人からポイントを聞いて練習を
したらできるようになりました~!
できなかったことができるようになるって嬉しいものです☆




リングダブル
↑細く伸びるリングができるようになりました。
ダブルリングの上のリングはネジレが入っちゃいましたね。





そして夕方近くなったのでウェザーに上がってみました。
              ↓
ウェザー1022
↑まだ半袖、短パンですね。





ウェザー10222
↑雲もないので水平線に沈みそうですね。





ウェザーも良いのですが夕暮れ時は前浜&青灯が最近のマイブーム。
             ↓
飛行機雲
↑17時を少し回った頃、南から北に向かうジェット機が飛行機雲を描いて行きます。
グアム、サイパン方面から日本本土へのコース上に島はありますので
夕刻の定期便はよく目にします。

成田~グアムは2000キロ(竹芝~小笠原の倍)もありますが小笠原より早く簡単に行けますね。。。
複雑な気持ちです・・・。





コメントお待ちしています!

離島情報ブログランキング、
皆様のお陰で今日の朝まで1位でした。・・・が2位に落ちました(笑)。
それでも沢山のクリックありがとうございました!
これからも応援よろしくお願いいたします~☆
    ↓

にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。