スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海ツアー1日コース(あるカメの物語?)

毎度!! 
アクセスありがとうございます!
ブログ村離島情報ではまだ1位を保っています。
皆様のポチッのおかげです☆


さて今日も海の1日ツアーに行って参りましたっ!
今日は綺麗な女性3名様が参加です。

二見湾を出てすぐにハンドウイルカ発見です。
まだスノーケリングの練習も行っていませんでしたが
ハンドウイルカの数がとても多く、小港海岸の沖で静かなところでしたので
いきなりドルフィンスイムからスタートです。
最初からハイテンションです!!!

ハンドウイルカは焼場海岸の沖から小港海岸の沖にかけて10頭以上
いました。中には身体の横に4つの傷がある『4スター』という名前のイルカも
確認できました。2回目のエントリーを終えると西沖からドルフィンスイムの
ボートが2隻やって来ました。
次の瞬間西沖から別のハンドウイルカの群れが合流して
イルカの数は30頭以上に。
かなりの広範囲がイルカだらけでした。
あまりにあちらこちらにいて目移りしてるうち見失いました(汗)

4回ほどエントリーして皆様満足されたようでしたので
ジョンビーチへ移動してお茶休憩にしました。
最初からイルカと泳げてしまうとツアーの組み立てに余裕ができて良いです(笑)

境浦ファミリーから参加されたMさん、Kさん、Iさん。
            ↓
ジニー背景

ここでKさんIさんは泳いでジョンビーチに上陸されました。

このあと天の浦に移動してブルーレース恒例海蝕洞カヤックに行きました!
             ↓
カヤック1

カヤック2

レンズに水滴が付いていて顔が隠れてスミマセヌ~(汗)
今日はまだうねりがかなりあったのですが皆様よく頑張りました!
通り海蝕洞、大海蝕洞どちらも制覇しました。ヤッタ~!!

そしてお昼ご飯のときは干潮だったので穴ダコを1パイ獲って来て
オリーブオイルで炒めて食べました。
穴ダコ炒め天の浦風味です(笑)
          ↓
穴ダコ


お昼ご飯の後は天の浦海岸に上陸して宝物探し、奇麗な貝殻が沢山
ありましたね!

今日は大潮から1日経っただけでしたので日中はモノスゴク潮が下がりました。
そのため南島は夕方に上陸としました。
おかげで上がったときは誰もいなくて貸し切り状態でした!
後から数人がやって来ましたが、
           ↓
東尾根

           ↑
南島瀬戸とジニービーチをバックにハイ!チーズ!って掛声平凡ですよね。。。

扇池の前の砂浜には沢山のキャタピラマークが付いてます。
ウミガメの産卵ラッシュのようです。
            ↓
扇池カメ足跡


東尾根から降りて来て扇池でまた記念撮影。
そしてヒロベソカタマイマイでちょっとオフザケをして撮影!
             ↓
ノブタ

良い子は真似しないでね!

そして今日はちょっとショッキングな写真があるのです。
             ↓
カメ亡

???????????????????
これは何?どういうこと?
と私達も思いました。
日中に産卵巣を掘るカメ????
しかしよく見ると砂の中に顔を突っ込んで動きません。。。
お亡くなりになってます。。。
おそらく昨晩産卵のために扇池から上がって来て産み場所を探して
ようやくここを掘っているうちに朝になり、そのまま掘り続けているうちに
暑さで死んでしまったのではないでしょうか?

解剖しないとハッキリとしたことは分からないけど穴の形からしてまだ産み終えてません。
原因も病気だったのかもしれないし。。。
ただ卵は産ませてあげたかったです。
母ガメの冥福を祈ります。
合唱

今日のツアー、最後は自然の厳しさを見た気がします。



P1000016.jpg

『マルからのお礼』
本当に沢山のポチッありがとうございマル!
でも今日も押してくれると
もっと嬉しいワン!

     ↓
にほんブログ村 地域生活ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへ
スポンサーサイト
コメント

そのまま?

それとも 砂に埋めるかな?

じゃないとにおいのほうが・・・

次ぎ行った時の報告を
よろしくです

No title

あやちゃん>
海洋センターの判断に任せるしかないですね。
でも回収すると言っても
体重150キロはありそうですよ?

こりゃすごい

すごいキャタあとですねぇ~

今年は多いのかなぁ~

海岸から遠いところが多かったかな?

しかし 子ガメがお亡くなりになってるのは良く見たけど
ママ亀は ビックリですね

回収されるのかなぁ~

南島は

ジャノさん>
南島は特別保護区なんです。
ヒロベソカタマイマイももちろん持ち出し禁止だし、
大げさに言えば草木1本の持ち出しも
許されないところです。
なので我々の対処としては

1、写真を撮っておく。
2、海洋センターに連絡する。

というものですね。
あとはカメセンターに任せます。

うへー

びびるなー
こんなのってあるんですねー
回収するんですか?

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。