スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ニューツアー砂浴deデトックス!☆

いつも見にきていただいてありがとうございます!
皆様からの温かいコメントに勇気付けられるのぶ太です
buta111


いきなりですが新しいツアーを始めます。
砂浴deデトックスです。

砂浴の効能についてはホームページと重複しますのでそちらをご覧いただくとして
デトックスの大切さについてお話したいと思います。

のぶ太は小笠原に来る前、今から14年以上前ですが内地で潜水関係の仕事をしていました。
朝は現場に7時に入るため5時起き、寝るのは12時過ぎが当たり前の生活を
送っていました。
食事は朝はコンビニのオニギリ、昼はコンビニ弁当という暮らしを何年も
続けているうちに度々扁桃腺が腫れ40度近い熱を周期的に出す体質になってしまいました。

島に来ても最初の数年は冬に40度近い熱を出すことがありましたが
発熱と発熱の間隔はだいぶ長くなり年に一度ほどに減りました。

そしてこの島で素潜りという遊びに出会い、潜水深度や潜水時間を延ばすための
工夫を重ねていくうち呼吸法やヨーガを知り、更に強い身体と身体本来のチカラを
目覚めさせるのにマクロビオテックなどの食事法を知っていくなかで
現代人の食事は身体に毒素を溜め込むものが非常に多いと気づきました。

内地での食事に対して島で今行っているマクロビオテックを中心とした
食事に変えたお陰で病気はもちろん風邪すらひかない体質になりました。

今思えばコンビニのオニギリと弁当ばかり食べていて
その当時の食品に何気なく入っていた食品添加物を大量に取り続けた結果
扁桃腺の腫れやすい体質を作ってしまったのです。
扁桃腺の発熱は毒素を体外に出すための身体のやむおえない反応だったのです。

書物には断定的には書かれていませんがアトピーやある種のジンマシンも
身体の毒素を排泄するための作用なのです。

食生活の改善。言うのは簡単ですが食べ物の嗜好はすぐには変わらないでしょう。
子供のときからの食べ物に対する刷り込みは強烈なものですし
家族の協力も不可欠です。

ならば一時的にでも毒素を抜く方法はないだろうかと考えていたときに
出合ったのが砂浴(砂療法)です。

しかし砂浴には瞑想や禅などと同じく心穏やかに行えることが大切です。
人が興味本位で覗いていく海岸では安らかに行うのは不可能でしょう。

自然療法は西洋医学と違い理論理屈だけで人を納得させるのが
難しいのです。砂浴中の人に対して奇異な視線を送る人も多いはずです。

そのためブルーレースでは人があまり来ないサンゴ砂のジョンビーチで、
しかも出港日に限り砂浴を行うことにしました。


真っ白なサンゴ砂に埋まるのはとても気持ちの良いものです。
効果のほどは個人差がありますが
生まれたてのウミガメの気分が味わえます。

注:個人で行うのは自由ですがカメの産卵巣の近くは掘らないよう気を付けましょう!


砂浴やデトックスに興味のある方、
体験してみてはいかがですか?
お問合せはお気軽にどうぞ!

      ↓
ブルーレースホームページ


コメント&ポチッとも
よろしくお願いいたします!
     ↓

にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ
スポンサーサイト
コメント

(*^▽^*) /^

Pooさん>
コメントありがとうございます!
砂浴のやり方に関しては東城百合子さんの著書をご覧いただくと良いと思います。

ただ単純に真っ白いサンゴ砂に埋まるのは気持ち良いですよ!

気持ち良さそうです!

以前、ある人に、小笠原に良く行くなら、砂浜に埋まってみるといいよ、と薦められた事があります。
デトックスという言葉は、知りませんでしたが。
残念ながら、まだ、一度も、実行していません。
興味津々です。
聞いた話だと、確か、頭を、北か南にした方が良いと、言っていたような?
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。