スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オブジェかと思ってました。

いつも見に来ていただいてありがとうございます!butaにこにこ




最近は自然エネルギーを利用した発電というのがあちらこちらで行われています。
都会、山間部、島など場所に合わせた方法がとられています。

小笠原でも例えばこんなものがよく目に付きます。
            ↓
太陽1
↑太陽光発電用のソーラーパネルです。前浜や役場の近くにもあります。
太陽光の強い場所には向いていそうですね。
気温が低いと更に良いらしいですが南の島ですのでそれは無理ですね(笑)










自然エネルギーを使った発電と言えば他に水力、地熱、そして風力があります。
あちこちの離島に行った際見ましたが20年以上前、沖永良部島には既に風力発電用の
巨大風車がありました。
小笠原には何で無いのか不思議でしたが実はあるのです。
              ↓
風力1
↑ん・・・。








皆様が思い浮かべるのはこんな風車ではないでしょうか?
               ↓
image7.jpg
↑千葉県飯岡町にある風力発電用の風車です。
水平軸型風車とよばれるものです。










風力2
↑島にあるのは垂直軸型風車とよばれるものでクロスフロー型になるのでしょうか?
弱い風でもよく回るそうですが回っているところを一度も見たことがなかったので
オブジェだと思ってました(笑)

島は強い台風が来ます。想定外の風が吹いてしまうのでこの風力発電設備(クロスフロー)は
向いていなかったのでしょう。
※設置されてすぐ壊れたそうです。メーカーも倒産したらしく修理もできないそうです。




島も発電に化石燃料を使います。その化石燃料を運んで来るための貨物船も運航するために
更に化石燃料を使います。
とっても効率も悪く、自然にも厳しいです。

風車のメンテナンスや送電のための設備も必要なので簡単なことではないでしょうが、
他の離島でも水平軸型の大型風車を運用できているのですから
世界自然遺産候補の島ならではのエネルギー活用方法を村や東京都も
前向きに検討していただきたいものです。






コメントお待ちしております!
離島情報ブログランキング参加中です。

13日22時40分現在1位です!!
今日は1030ポイントでした。久々の1000ポイント超え、
とっても嬉しいです!♪
これからも頑張りますので応援よろしくお願いいたします~☆
     ↓

にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。