スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

船整備&旅の回想1

いつも見に来ていただいてありがとうございます!



今日も南風が吹いて気温が上がりました。
気象庁によると父島の最高気温は23.7℃だったそうです。

晴れて汗ばむほどの陽気、エンジン周りを中心に今日も船の整備をしていました。
           ↓
トリムセンサー1
↑錆びていたスペシャルワッシャー、電蝕した亜鉛板、壊れたトリムセンサーをそれぞれ新しいものに
交換しました。










船外機のトリム(水平角)を測るセンサーです。
       ↓
トリセン2
↑一部が欠けて破損していましたので交換しました。









船外機本体とブラケット(受け)を固定するボルトに特殊なワッシャが使われています。
        ↓
SPワッシャ1
↑錆や腐食を抑えるのに耐水グリスをタップリ付けてあります。










外した旧いワッシャと新品のワッシャ。ボルトが真円ではなく半月型なので穴も半月に
なっています。
        ↓
SPワッシャ2
↑2年ほどで錆と腐食のため折れそうなほど薄くなっていました。
普通に海水の当たる部分なのにステンレスを使わず鉄製なのは何故なんでしょう?










亜鉛板と言ってエンジン本体の電蝕を防ぐためのものです。
          ↓
亜鉛板新旧
↑下が一年間付いていたもので順調に溶けていっています。亜鉛板が代わりに溶けることによって
エンジン本体を守っています。











今日はこれらの交換作業以外にも船体のタッチアップ(部分塗装)も行いました。

船の整備をしているとよく人が遊びに来るのですが本日はこの方もいらっしゃいました。
           ↓
オガ0210
オガツアーのオガちゃんです。暫しお話したあとパトロールに向かわれたようです。











さて話は変りますが1月半ばから2月初旬にかけて車旅をしていたとき、
九州の蒲生というところに立ち寄りました。
ここには国指定の特別天然記念物の『蒲生のクス』という日本一の巨樹があったのですが
それ以外にも江戸時代にタイムスリップしたような立派な武家の門構えが見られる通りが
残っていて素晴らしかったです。

そしてその通りに面した公民館に特に気を引かれるものがありました。
          ↓
裸電球
↑それは裸電球と傘です!
蛍光灯内臓の電球はもちろんLEDが使われる今日において、昭和初期を思い起こさせる
裸電球と傘の組み合わせは心にじーんとくるものがありませんか?
それが現役で使われているところに蒲生の町の良さを感じたのぶ太でした。




何気なく寄ったところで(自分としては)素晴らしいものに出会う。
観光地ではなく生活感のある普通の場所でも心に響くものはあるものです。
そんな自分なりの何か良いモノを探す・・・。そんな旅も楽しいものです。
メジャーな観光地以外に行く旅・・・、自分で探す旅をまた時間を作ってやりたいものです。




コメントお待ちしております!
離島情報ブログランキング参加中です。

10日22時40分現在950ポイントで4位です!

ポチッとしていただいてありがとうございます!
これからも頑張りますので応援よろしくお願いいたします~☆
     ↓

にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。